2007年09月30日

ラリティーライブ 9/30

9月30日(日)
岩田江(アルトサックス)トリオ
ラリティー

今回はラリティーさんで、月イチのサンデーライブです。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

もう一度ヌカ切りで

9月26(水)
有田の波止
ヌカ切り 飲ませ釣り

今回はヌカ切りと、飲ませ釣りの2本立てで、行ってきました。

いつもの釣り場に着いたのが、朝の7時頃でした。
予想に反して、北寄りの風が結構強く吹いています。
波止中ほどには、顔見知りのヌカ切り専門のおじさんと、地元の吸い込み専門のおじさんが二人並んで竿出しをしています。
先端付近では、若いルアーマンが二人。何を狙ってるのかな?エソを結構釣ってました。

少し離れた場所に釣り座を構えて、早速ヌカ切りを開始しました。
途中釣れてきた小アジを針に掛けて、飲ませのウキ釣りも開始です。

本日は平日という事もあり、人が少ないので、飲ませのウキはほとんど野放し状態で、たまにウキを確認したり、餌の小アジを付け替えたりしながら、ヌカ切りの方に80%ぐらい集中しながら、のんびりとグレのアタリを待ちました。

一時間ぐらい経った頃から、グレが湧き出したのか、コンスタントにグレが上がるようになりましたが、前回同様、良型サイズはなかなか釣れあがってきませんでした。

    sukari9-26 001gure.JPG

飲ませ釣りの方は、アタリなしでした。
グレは数釣りが楽しめました。
最大が23センチ。
3匹持ち帰り。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

おかず釣り

9月23日(日)
有田の波止
ヌカ切り〜タチウオ引き釣り ウキ釣り

今回は昼から夕方までヌカ切りでグレを、夕方からはタチウオを狙って行ってきました。

現地着は午後3時半頃。
波止は4、5人の釣り人が、サビキをしたり、餌木を投げたりしています。
波止の沖向きは風が向かい風だったので、内向きでスタート。

相変わらず小アジが湧いていて空針にも掛かってくる状態です。
タチウオの餌用に小アジをキープしながらヌカを投げ入れますが、20センチぐらいのグレばっかりで、良型は来ませんでした。

暗くなりかけてからは、波止沖向きに移動して、太刀魚狙いで、引き釣りをしましたが、こちらも、たまにコツコツと竿先にアタリはあるものの、針掛かりしませんでした。

その後、ウキ釣りに変更して、何とか一匹釣ることができました。

    nuka9-23aji.JPG

今回も、おかず釣りになってしまった。

ウキ釣りは夜の9時頃アタリが集中しました。
食い逃げ、針はずれが多かったです。
餌は小アジ
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

岩田江トリオ9/22

9月22日(土)
テイクファイブ

今回はアルトサックスの岩田君とのセッションです。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

敬老会

9月17日(月)
紀の川市 打田にあるケアハウス
スーパーグルーバージャズオーケストラ

バンド活動をしていると、いろいろな方面の方から、演奏の依頼があります。
本日は敬老の日。打田のケアハウスで演奏しました。

着いてみると、マンションかホテルかと見間違うぐらい立派な建物でビックリです。

ジャズ ラテン 美空ひばり 憧れのハワイ航路 

皆さんに喜んでいただけたようです。

よかった よかった

    keiroukai 002-15.JPG

2007年09月15日

セッション9/15

9月15日(土)
テイクファイブ

今回は、1部は福島君(ギター)、バイアンさん(ベース)とのトリオで。
2部からはセッションで。

これは2部のセッションです。
    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

有田の太刀魚

9月14日(金)
有田 東燃裏砂置き場
太刀魚 ウキ釣り

今回は太刀魚のウキ釣りに行ってきました。
仕事が終わってから、夕食を済ませ、自宅を出発したのが、夜の8時頃。
最初マリーナシティーで竿出しをする予定でしたが、着いてみると花火が盛大に上がっています。
花火の爆音と光に気後れしてしまい、予定を変更して東燃裏の砂置き場に行ってみることにしました。

着いてみると、足場の良い護岸のポイントは人でいっぱいで、竿の出せるスペースがありません。
仕方なく右側のテトラ帯の方までいくと、空きスペースがあったので、テトラから釣ることにしました。

風は無く、海はベタナギ、おまけに潮がほとんど動かず、ウキにも全く変化がありません。
3時間ほどしてやっとアタリがありましたが、食い逃げをされてしまいました。

周りでも、1、2匹上がっているだけで、アタリが全く無い人もいるようで、かなり厳しい状況です。

少し眠くなりかけた午前1時半ごろ、仕掛けを回収しようと、ゆっくりリールを巻いていると、竿先にコツンとアタリが来てようやく一匹釣れてきました。
これからか?と思い、再度仕掛けを投げ入れた時にトラブル発生です。
なんと道糸がテトラに噛まれて、糸が高切れしてしまい、ウキだけが無情にも暗い海面にポカンと浮かんでいます。

予備のウキを持っていなかったため、太刀魚用のテンヤを結んで投げ入れ、ウキを引っ掛けて回収しようとしますが、なかなかうまく引っ掛かってくれません。
おまけにこんな時に限って、高切れした仕掛けに太刀魚が食ったようで、ウキが沈んだり横に走ったりしています。

ようやくウキが引っ掛かり、無事仕掛けは回収できましたが、ハリスを切られていて、太刀魚の回収はかないませんでした。
気を取り直し再度仕掛けを作り直して、再開しましたが、一匹追加しただけで、3時半ごろ納竿としました。

    tachiuo 9-14.JPG

なんとか二匹だけ。  
ハリス フロロ3号
チヌ針(黒)4号一本針
餌はキビナゴ


posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

唐口一之トリオ+岩田江

9月8(土)
テイクファイブ

今回は、トランペットの唐口さんとのトリオライブ。
アルトの岩田君が2部から参加してくれました。

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼のグレ

9月8日(土)
有田の波止
ヌカ切り

本日も有田の波止に行ってきました。
朝に所用があったので、現地着は少し暑くなりかけた朝の8時頃。
付け根付近でヌカ切りをしていた、顔なじみの常連さんに、「今日は遅いなー」と言われながらも、釣況を伺うと、コッパ少しと、タコが1つとの事。

早速、少し離れた波止の中ほどで、準備をしていると、帰りがけの若い二人連れの方に、たくさんアミエビを頂きました。
どうやら使い切れずに、処分に困っていた様子です。
礼を述べて、釣果を伺うと、太刀魚5,6本に、カマスが山ほど釣れました、と言っていました。
今日はカマスの回遊が好調だったようで、餌釣り、ルアー釣りとも、かなり上がったそうです。

台風通過後で調子がよくなっているのかな、と思いながら、釣り始めると、常連さんが25センチぐらいのグレを釣り上げました。

こちらも負けじと、ヌカを投げますが、釣り始めが遅かったせいか、チャリコ、ベラ、フグ等、なかなか本命が釣れてくれません。

1時間程経った頃から、ようやくグレが上がりだしましたが、コッパばかりで、スカリの出番がありません。

今日はグレはだめかな、とあきらめかけた頃、ヌカの周りに群れっているアジの群れの中に、青白い魚影が、見えだしました。
タナを少し浅めにして、期待を込めてヌカを投げ入れます。

ようやくキープサイズが釣れたのは、常連さんが帰った後の10時頃でした。
ジアイが短かったのか、それ以降は、また餌取りのオンパレードで、昼過ぎから、向かい風が、強くなってきたので、納竿としました。

    gure25.jpg

今回はアオイソメに来ました。



posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

有田釣行9/1

9月1日(土)
有田の波止
ヌカ切り 太刀魚引き釣り

今回も有田の波止に行ってきました。
現地着は午後の3時頃。
波止の先端付近にはアベックの釣り人がいるだけで、ガラガラの状態です。

沖向きでと思っていたのですが、結構向かい風が強く、釣り辛そうなので、今回は内向きでやってみることにしました。
内向きの釣り座は、波止付け根付近の階段のある所で、シモリが入っているため、ヌカ切り、紀州釣りの好ポイントです。

準備を終えてヌカを投げてみると、海面が茶色く染まるほどに小アジが集まってきます。
いつもと様子が違うのは、水面近くまで、ボラが多数集まってきていることです。
どうやら、午前中にここで紀州釣りをした人がいたようで、波止には釣り座を洗い流した痕跡も残っています。

これだけボラの活性が高いと釣り辛く、場所替えも考えましたが、3投目にコッパながらグレが釣れてきたので、その場でやってみることにしました。

底付近まで きっちりヌカを沈めると、時々グレが釣れてきますが、22センチぐらいのグレが多く、サイズが伸びてくれません。

夕暮れ近くなり、太刀魚狙いの人たちが、増えてきました。
そろそろ太刀魚の準備(引き釣り)もしなくては、と思いながらも、あと一回、あと一回とヌカを投げ入れますが、時間が経つほどにグレの型がだんだん小さくなってきます。
最後にミニチャリコを釣った時点でヌカ切りはあきらめ、引き釣りに変更しました。

引き釣りのポイントは沖向きです。
昼間吹いていた風も収まり、波止先端から付け根までたくさんの人がその時を待っています。

「今日は6時45分から食うよ、20分ほどで終わってまうけどな」
そう言っていた地元のおいやんの言葉どうり、45分に先端付近で第一号が上がりました。

それから、周りで一斉に釣れだしました。
特に7時前後が最高の入れ食い状態で、4人同時に竿が曲がって、太刀魚が釣りあがる様は壮観でした。

やはり20分ほどで、アタリが急激に少なくなってきました。
今日は夜に用事があったので、ウキ釣りの用意をしていません。

アタリがあっても針に乗らなくなってきたので、7時半ごろ納竿としました。

本日の釣果は、グレは最大で23センチ。
21〜23センチを5匹持ち帰り。
餌は、オキアミ、フナムシ。

太刀魚は7本。
餌はキビナゴ。

グレの型は残念でしたが、太刀魚は十分楽しめました。



posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする