2008年01月27日

ラリティーライブ 1/27

1月27日(日)
岩田江(アルトサックス)トリオ

今回は狐島のラリティーで、ツキイチのサンデーライブです。
3夜連続のライブとなり少々お疲れ気味でしたが、なんとかできました。

    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

唐口一之トリオ 1/26

1月26日(土)
テイクファイブ

ジャズトランペッター唐口さんとの、今年初のセッションです。
今回は途中から、ピアノのMさんが参加しました。
    
Mさんは女性ながら、大阪の大学のジャズ研に入っているそうで、ジャズピアノはまだ2年ぐらいのキャリアだそうですが、なかなか良い感じでセッションできました。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

バイアンジャズ+ヴォーカル

1月25日(金)
アバローム紀の国

今回はギタートリオにヴォーカルで。
ベースはバイアンさん。ギターは神戸の方から来てくれた須藤さん。ヴォーカルは神前さん。
皆さんお疲れさんでした。また機会があればよろしくお願いします。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

メジカ メジカ

1月14日(月)
煙樹ヶ浜
カゴ釣り

2〜3日前の荒れ模様の天候も、幾分ましになったようなので、今回も煙樹ヶ浜へ。

朝8時頃到着してみると、心配していたうねりは、全くありませんでしたが、やはり北寄りの風がかなり吹いていました。

本の脇辺りで竿出しをする予定でしたが、地形の関係からか、あの周辺は風が強いときは風向きが不安定になり、カゴ仕掛けが投げにくいので、今回はキャンプ場前に釣り座を構えました。

準備をしている最中も、辺りでは何人かの釣り人が竿を曲げています。
4号のプラカゴにオキアミとアミエビのミックスを入れ、ハリス2号2ヒロ、カブラ針(白色)の一本針、ウキ下(針からウキまで)3ヒロの仕掛けで始めました。

風が追い風の為、仕掛けが気持ちよく飛んでいきます。
潮は右(日の岬)方向に割合早く流れています。

一投目から早くもウキが入りました。
すぐには合わさずそのまま待っていると、道糸が走り竿先まで魚の引きが伝わってきます。
引きを楽しみながら浜にずり上げたのは、メジカ(マルソーダカツオ)でした。

    ennjyu 1-14 003kyannpumae.JPG
本日の釣り人は浜全体で50人ほど。
入れ食いと言うほどではありませんが、終日釣れ続いていました


ヒラソーダを期待していたのですが、今日はマルソーダの群れが入ってきているらしく、周りでもほとんどマルソーダばかり釣れていました。

    ennjyu 1-14 004tyouka.JPG

本日の持ち帰り分。残り(10匹ぐらい)はリリース。
のんびり昼過ぎまで、カツオの引きと遠投を楽しみながら・・・・・
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(8) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

菱田信治セッション

1月12日(土)
テイクファイブ

今回のライブはアルトサックスの菱田君、ギターの福島君、ベースはバイアンさん、ドラムは私で。
菱田君は、黒田で、きっちんカフェ茶花というお店を経営しており、ここしばらくは営業時間の関係で、セッションは一緒にできなかったのですが、今回は久しぶりです。

これは「酒とバラの日々」という曲。
途中から参加のNさん(とても女子中学生とは思えないメチャウマです、受験頑張ってね) 菱田君 福島君のソロ順で。
    
    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

2008 初セッション

1月5日(土)
岩田江(アルト)+永野潤(ピアノ)
テイクファイブ

今回は東京の大学で哲学の教授をされている永野さんがピアノで参加してくれました。
永野さんとは、和歌山に帰省した折に、時々セッションしてもらってます。

正月だからでしょうか、たくさんのお客さんが来てくれました。
また、若手のミュージシャンが参加してのセッションも、なかなか良かったです。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

2008 初釣り

1月3日(木)
煙樹ヶ浜
カゴ釣り

毎年初釣りは御坊の煙樹ヶ浜でのカゴ釣りです。

年末年始の厳しい冬型の天候も緩んで、本日はまずまずの釣り日和です。
現地着は朝の7時過ぎでした。
少し時間が早かったのか、浜には人影はまばらでしたが、本の脇前のグレの好ポイントには早くも8名ぐらいの人が並んで竿出ししていました。

周りの様子を伺いながら、のんびりと準備を整え、カゴを投げ出したのは、ようやく人が集まりだした9時前頃でした。
グレの好ポイントでは、早くもグレ、チヌ、カツオと、ポツポツながら上がっている様子でしたが、こちらの方はアタリも無くサシエサもそのまま上がってくる状態が続きました。

昼頃になって、あまり状態が芳しくないので、釣りを中断して、付近を散歩したり、昼食を取ったり、昼寝をしたりしながら時間を過ごしました。


    hatuturi 001fuukei.JPG
時間が経つにつれてキャンプ場前の浜も賑わっていました。


ここまで何も釣っていません。
初釣りでボー○だけは避けたいので、夕方のジアイに期待して、気合を入れて釣りを再開したのが、午後3時過ぎでした。

カツオはオキアミ餌より、チッチ(カブラ針)の方が良いと聞いたので、カブラを付けてウキ下3ヒロぐらいで、テンポ良く投げ続けますが、ウキは全く変化無く、時間だけが過ぎていきました。

周りの釣り人も徐々に帰りだして、浜も少し寂しくなってきましたが、風も無くいかにも釣れそうな雰囲気がしてきました。

隣にいた釣り人が、大きく竿を曲げてチヌを釣り上げました。
それを見て、カツオを諦め、ハリス2ヒロ、チヌ針にオキアミを付け、ウキ下4ヒロ半でチヌ狙いに変更しました。

カゴを投げて第一投目にウキがゆっくり沈みました。
やっと今年初のアタリです。
ゆっくり慎重に寄せてきますが、チヌにしてはよく走ります。
浜にずり上げたのはチヌではなくカツオ(ヒラソーダ)でした。

その30分後、今度は仕掛けを回収しようとリールを巻いてきた時に、波打ち際で針にヒットして、2匹目を釣り上げることができました。

    hatuturi 002tyouka.JPG

カツオは2本ともヒラソーダでした。(刺身でおいしくいただきました)
釣れているのはヒラソーダばかりで、マルソーダの回遊は無いようです。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(8) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする