2008年08月31日

ヌカ切り釣行 8/31

8月31日(日)
有田の波止
ヌカ切り

2週間ぶりに有田の波止に行ってきました。
雨模様の天候が気になり、現地着は少し遅めの朝の9時過ぎでした。

顔見知りの人達が5〜6名、カゴ釣り、紀州釣り、ヌカ切りとそれぞれやってましたが、これといった釣果は無いようでした。

波止沖向きの中程に釣り座を取って、のべ竿、ウキ下3ヒロ(ウキは自作の寝ウキ)、アミエビ餌で、いつものように足元のポイント狙いでヌカ切りを開始しました。

前日の雨の影響からか、潮の加減からか、コッパグレが釣れたのは、いつもより遅めの30分ほど経ってからでした。

それ以降、20〜23センチぐらいのグレは頻繁に(30匹ぐらい)釣れましたが、それ以上のサイズは出ず、午後3時過ぎ頃から雨も降ってきて、今回はちょっと疲れの残る釣行となりました。

    ai gure8-31bro.JPG
本日の持ち帰り。
アイゴは28センチ、尻鰭の所にスレで掛かってきました。

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(6) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

岩田江トリオ 8/24

8月24日(日)
ラリティー

8月のラリティーさんでのジャズライブです。
今回はボサノバ、サンバ系を試す事ができました。
少しずつ良くなってるような・・・(奥が深いです)
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

清水武志トリオ 8/23

8月23日
テイクファイブ

ピアニストの清水武志さんとのセッションです。
ベースのバイアンさんも最近少し変化(ナチュラルで堅実)してきましたね。やりやすかったです。

    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ジャズカフェ 2008

8月22日(金)

和歌山市民会館前の野外広場でのジャズカフェというイベントです。
昨年に引き続き参加させてもらいました。

メンバーは、ボーカルの宝子さん、ギターの福島君、ベースの的場さん、ドラム(私)の4名です。

宝子さんは、ピアノ弾き語りなどで活躍中で、FM和歌山(バナナFM)で、「宝子のミュージックキッチン」(毎週金曜日14:00〜)でパーソナリティーもしています。
 
    jazz cafe 003uchi.JPG
    本番前の打ち合わせです。

仕事帰りの夕暮れ、涼しい風が心地よくいい雰囲気でした。
たくさんのお客さんに来ていただいてよかったです。

これは宝子さんのオリジナル曲  Fu-ru-ru 
    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

アジドーナツ

8月15日(金)
有田の波止
ヌカ切り

2日前釣行した時に、のべ竿のヌカ切りでいい思いをしたので、今回ももう一度行ってきました。

朝8時過ぎに到着しました。
波止沖向きの前回と同じ場所につり座を取り、足元のポイントをウキ下3ヒロで開始しました。

早くも3投目でコッパグレが来ました。
今回も活性が高そうで、ヌカの下の方にチラチラとグレの影が確認できます。

しばらくするとRIEDさんがやって来ました。
波止の内向きで良型のグレの姿が見えるとの事で、RIEDさんは内向きで開始しました。

11時頃までは、活性が高い割にはグレの型が伸びずリリースサイズばかりが食ってきます。

昼頃になって、ヌカ団子の周りに群がっているアジの群れの中心が不意にパッと空白になるようになってきました。
丸い形のアジの群れが、まるでドーナツのような形に一瞬なります。
落下するヌカ団子めがけて、大型の魚(グレかチヌ?)が突進してくる為、アジが危険を感じてパッと逃げる為ドーナツのような形になるようです。

この現象が起こると、前回も大型が釣れました。
今回もしばらくすると、30オーバーのグレが来て、その後28センチと良型が続きました。

しかし好ジアイは続かず、その後潮の流れがかなり速くなり、風も強くなってきたので午後2時頃納竿としました。

2008-08-15gure.JPG
本日の持ち帰り。31 28 25 24センチ。
ウキ下は2ヒロぐらい。
刺し餌はアミエビ。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

グレ&バリコ

8月13日(水)
有田の波止
ヌカ切り

今回もHGである有田の波止に原チャリ釣行しました。
現地着はちょっと遅めの朝の8時頃。
波止には5人の釣り人が、サビキやイカ釣りを楽しんでいました。

いつもは波止の内向きに釣り座を取るのですが、朝日が反射してウキが見えにくいのと、反対側の沖向きの潮の色がいい感じだったので、今回は波止中央の沖向きに釣り座を取りました。

ヌカの準備をして、さあ竿のセットをと思った時にリールを家に忘れて来ているではありませんか!
いつもは自宅で竿とリールはすぐ使えるようにセットして来るのですが、今回は釣り場でセットしようと思ったのが災いしました。
幸いな事に、メバル用ののべ竿を持って来ていたので、投点を足元にすれば何とか釣りになりそうなので、今回はのべ竿でヌカ切りをする事にしました。

竿5,4メーター、、ハリス1,5号通しの5,5メーター、ウキゴムにウキを付け、針グレ4号を付けただけのシンプルな仕掛けでウキ下3ヒロで始めました。

5投目にコッパグレが来て、今回は活性がなかなか高そうです。
一時間ほどで、足元にグレの姿が見えだし、25オーバーのキープサイズも釣れだしました。

グレの姿に混じって茶色のバリコの姿もチラチラ見え出しましたが、アジの数が多すぎて、刺し餌のアミエビではバリコが食う前にアジにやられてしまうようです。
酒カスがあれば、面白かったかもしれません。

11時頃、30センチ級も立て続けに釣れだして、リールを忘れてきた事がかえって良い結果につながったようでした。

正午を過ぎたあたりから風が強くなったので、1時過ぎに納竿となりましたが、のべ竿のヌカ切りを十分楽しむ事ができました。

    2008-08-13 001br.JPG
グレは30,5  29   26  25 センチ。
バリコは 25センチ。
刺し餌はアミエビ。

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

ヌカ切り釣行 8/10

8月10日(日)
有田の波止

今回は夕方のジアイを狙っての釣行を予定していましたが、天気予報によると夕方から雷雨になるとの事なので、予定を少し早めて現地着は朝の9時過ぎとなりました。

波止には5〜6人が紀州釣りやカゴ釣りで竿出ししていましたが、あまり釣れていない様子です。

しばらくしてRIEDさんがお父さんとやって来ました。
親子でヌカ切りっていいですね。
お父さんは、いかにもベテランヌカ切り師という感じで、男どうしだからお互い会話は少ないんですが、二人並んで竿出ししている様子はなかなかいい雰囲気でした。

波止中央付近の内向きで始めましたが、アジの活性が低く、代わりにチャリコがよく掛かってきます。

グレの活性も低そうで、一時期チラチラとグレの魚影は確認できましたが、すぐに見えなくなってしまいました。

午後3時過ぎ辺りから、ゴロゴロと雷音が聞こえて来ましたが、すぐに無くなり雷雨の心配は無くなりましたが、釣果の方は振るわず、今回はコッパグレ7匹、良型のアジ5匹の結果でした。


posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

工藤隆トリオ

8月7日(木)
デサフィナード

昨日に引き続き、ベースのバイアンさんと共に、工藤さんとセッションさせてもらいました。
いつもの事ながら、工藤さんとする時は楽しくてまた勉強になります。
バイアンさんと私のラテン系のリズムのフィールが、少し違うようですね。
そこら辺もキッチリと修正しなければ・・・
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

工藤隆+神前理恵 8/6

8月6日(水)
テイクファイブ

ジャズピアニスト工藤隆さんと、ボーカルの神前理恵さん、ギターに福島君が加わってのライブです。
今回もたくさんのお客さんに来ていただきました。
    

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

昼のグレ

8月3日(日)
有田の波止
ヌカ切り

今回も早朝(5時頃)から有田の波止内向きでヌカ切りです。

最近、朝のジアイはグレの食いがイマイチだそうで、今回もアジやチャリコに翻弄され、コッパグレが釣れたのは20投目ぐらいしてからでした。
しかし後が続かず、8時ごろRIEDさんがやって来た時には、釣ったグレは2匹と大苦戦。
RIEDさんと並んでヌカ切りを再開しましたが、釣果の方はパッとせず、時間だけが過ぎていきました。

状況が変ってきたのは、昼を過ぎてから。
相変わらず茶色く見えるアジの群れの下の方に、青白いグレの影がチラチラと見えだしました。

今回は遊動ウキ仕掛けで、4ヒロ半ほどの底近くのタナを狙っていたのですが、急遽3ヒロ足らずに浅くして、ヌカにも予備のアミエビをたっぷり追加をしました。

この作戦が功を奏し、25センチのキープサイズが釣れてきました。
それからは、グレがどんどん湧き出しヌカが無くなる迄の1時間程は、ヌカ切りを十分楽しめました。

    gure cyo8-3 002-1.JPG
27センチ1匹、25センチ3匹、ハタの幼魚?他
やはりカンカン照りの昼間の方が食いが良かったです。


posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

セッション8/2

8月2日(土)
テイクファイブ

ジャズトランペッター唐口一之さんとのセッションです。
今回も神戸の方から女性アルト奏者の、向原千草さんが参加してくれました。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする