2009年02月24日

関電のチヌ

2月24日(火)
海南 関電の波止テトラ
フカセ釣り


20年ぶりでしょうか。
マリーナシティーが出来てから、すっかり足が遠のいていました,海南 関電のテトラへチヌ釣りに行ってきました。

曇り時々小雨の感じの現地着は、朝の6時過ぎ。
釣り人は無く、目当てのポイントへとテトラを歩き渡って行きます。

    2009-02-24 005kanndenn fuukei.JPG
本日の釣り座。 
懐かしかったです。
テトラも周りの様子も昔と全く変わっていませんでした。

ハリス1,5号2ヒロ、チヌ針2号、ウキ下3,5ヒロ、差し餌、撒き餌共にオキアミでスタートしました。
ここは背後から温排水が流れている為、ウキが右に行ったり左に行ったり、留まったり、一気に沖に流れたりとかなり変化します。
とりあえず足元に撒き餌をしっかり打って、足元からウキを流していくようにしました。
開始2時間程は、餌取りも無く、差し餌もそのまま残ってくる状態が続きました。

    2009-02-24 004kanndenn shirotou.JPG
本日は無風、ベタ凪、前方は白灯台。

雨は完全に止み、釣り易くなった10時頃、今まで魚の気配が無かったのですが突如として、前方15メートルほど沖を流れていたウキが急激に消し込み、竿先まで引きが伝わってきました。
かなり走ったのでボラかな?と思ったのですが。

    2009-02-24 001chinu41.JPG
元気な引きをしながら上がってきたのは、本命のチヌ41センチでした。

    2009-02-24 002chinuneko.JPG
ネコがたくさん(30匹以上)いました。
どのネコも毛艶は良く、健康そうでした。
誰かが餌をやっているのでしょうか。

その後も続けましたが、沈黙の時が流れます。
時々餌取り(フグ?)でしょうか、ウキをポコっと沈めるアタリが出ますが、針には乗ってきません。

撒き餌も残り少なくなり、そろそろ帰ろうかと思っていた午後1時頃、1匹目と同じ15メートルほど沖のポイントで、ウキが今度はゆっくりと入り込んでいきました。
ウキが完全に見えなくなって、しばらくしてから合わせると、かなりの重量感が伝わってきます。

    2009-02-24 006chinu50,5.JPG
本日の2匹目は、居着きの真っ黒いチヌ、50,5センチで満足の納竿となりました。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(6) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

セッション 2/21

2月21日(土)
テイクファイブ

ピアニスト工藤隆さんと、ボーカル神前理恵さん、ベースはバイアンさんでのセッション。
たのしかったです。
お客さんも満員御礼。
理恵ちゃんのMCは、うけまくり。
工藤さんのピアノは、さえまくり。(さすがでした)
    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

どこかに行った

2月14日(土)
マリーナシティー
飛ばしウキサビキ

前日の暴風雨も嘘のように治まって、本日は絶好の釣り日和です。
先週釣ったイワシを再び求めてマリーナへ行ってきました。

到着は朝の7時前。
朝方まで残っていた雨の影響からか、前回釣りをした周辺には釣り人の姿は無く閑散としていました。

ウキ下3ヒロ半ほど取って、仕掛けを投げ入れると、幸先良く1投目からウキが入ってアジ(20センチ)が掛かってきました。

しかしその後アタリが途絶え、時々思い出したように小アジがウキを沈めるような状況が続きました。

イワシの気配は全く無く、代わってコノシロがアジに混じって釣れ上がってきます。

    2009-02-14aji konoshiro.JPG
どうやらイワシはどこかに行ってしまったようです。
昼前、アタリが途絶えたので納竿としました。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

セッション 2/7

2月7日(土)
テイクファイブ

久しぶりに、ジャズトランペッター 唐口一之さん、 ベース バイアンさん、とのトリオで。

    Samba de Orfeu
    
posted by fishing-jazz at 10:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリーナでイワシ

2月7日(土)
マリーナシティー
飛ばしウキサビキ

紀ノ川河口周辺で、フカセ釣りのチヌが結構上がっているそうです。
不景気で、釣り物の少ない今の時期、安、近、短、の情報はありがたい。

この週末は天気が良さそうなので、フカセ釣りの段取りを済ませ、前夜に某釣具店のHPを何気なく覗いていると、「マリーナで20センチオーバーのイワシが回遊中」との情報が目に飛び込んできました。

安、近、短、に加え、超美味となれば行くしかないでしょう!

朝8時頃到着。
地元の人達が、投げサビキをしています。
しばらく眺めていると、情報通り、良型のイワシが釣れあがっています。
早速、空きポイントに釣り座を取って準備に取り掛かりました。

7号針のサビキに、下カゴを付けて、ウキ下は、ウキからカゴまで2ヒロ半ほど。
軽く15メートルほど投げれば、ウキが入ります。
あとはそのまま、ゆっくり、ゆっくり巻き上げればOK。

    2009-02-07 001iwashi.JPG
2ヒロ〜3ヒロ半ほどで、アタリが良く出ました。
あまり深すぎると小アジがよく掛かってきます。



posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする