2009年11月24日

再び煙樹ヶ浜

11月24日(火)
煙樹ヶ浜 
カゴ釣り

到着は朝の7時過ぎでした。
本の脇の人気ポイントは、すでに10名ほどのカゴ師が均等に並んで竿出しをしています。
前回釣りをした場所付近が、ちょうど空いていたので、そこに入って準備を始めました。
カツオはまだ釣れていないようなので、とりあえずウキ下3.5ヒロで、オキアミの刺し餌で始めてみました。

    2009-11-24 003 fuukei.JPG
今日は曇り空、弱い追い風、釣り日和のため人が多かったです。

釣り始めて30分程はアタリも無く、刺し餌もそのままの状態でしたが、その後カツオのナブラが周辺で見られるようになってから、周りでぼつぼつ釣れだしてきました。
ウキ下を2ヒロに浅くして、大遠投してみると一発で食ってきました。

    2009-11-24 002 1gou.JPG
本日の第1号 ヒラソーダ33センチ。
4枚バネの遠投ウキを軟質発砲材で自作してみたんですが、良く飛ぶのは良いのですが、曇り空の為か結構見づらい感じでした。
黒色の棒型の3枚バネのウキがベストかもしれません。

その後ポツポツながら、10時ぐらいまでカブラ針に替えて3匹ほど追加しました。

本格的に食いだしたのが、10時半頃から。
大きな群れが回ってきたようです。
仕掛けの投入ごとにウキが消しこみ、まさしく入れ食い状態に。
隣の人とダブルヒットや、トリプルヒットもしばしばで、カブラ針でもオキアミでも関係なく食ってきます。
ウキ下をチヌ狙いで深くしてもカツオが食って来ます。
ほとんどの人がクーラー満タン状態です。

    2009-11-24 005 tyouka.JPG
左側はヒラソーダ6匹。
右側はマルソーダ4匹。

釣れ過ぎても困ります。
以前、たくさん持ち帰りすぎて処分に困った事があったので、持ち帰りは10匹までと決めています。
あっという間に10匹になったので、11時過ぎ終了。
もうちょっとのんびり釣りをしたかったんですが・・・
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(12) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

煙樹で遠投

11月13日(金)
煙樹ヶ浜
カゴ釣り

天気予報では、午後から雨予報。
しかし風は無く、午前中ならカゴが投げれそうです。
今回はカツオを狙って、煙樹ヶ浜へ.

到着は、朝8時過ぎ。
鳥居の前をちょっと西に行った辺りが今日の釣り座です。

両軸リールで遠投されている先客さんの隣に入らせてもらいました。
すでにハマチとチヌを釣っているとの事でしたが、カツオは雨の影響で潮がちょっと濁っていて最近釣れていないようです。
実はこの先客さん、後で分かったのですが、私と同じ町内に住んでる方で、アブの6500Cのリールに、道糸8号、竿がまかつレセプター4号5,3メートル、タマゴ型の自作カゴですごい遠投されてました。

早速準備を整え、カツオが釣れていないようなので、ちょっと深めのウキ下3.5ヒロ(ウキから針まで)で開始しました。
(私の場合、ここ煙樹ではカツオなら2ヒロ、チヌなら4,5ヒロで釣る事が多いです)

2投目に、不覚にも激しいバックラッシュが発生。

修復をして4投目に早くもウキが入りましたが、グンと重みを感じたとたんフッと軽くなりました。
よく見るとハリスの真ん中から切れています。
どうやらバックラッシュを直している最中に、仕掛けが波にもまれてハリスに傷が入っていたようです。

その後30分ほどアタリが無く、退屈なので付近の風景写真を撮っていると・・・
    2009-11-13 003 fuukei.JPG
今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが、この後予報とは逆に晴れてきました。

この写真を撮った後、フト海面を見るとウキがありません。
「あれ?ウキは?・・・竿先は?・・・」
ゴンゴン揺れてます!

「釣れてるやん」
    chinu.JPG
本日の第1号
きれいな魚体でした。

しばらくして、今度はスパッとウキが入りました。 
またチヌかと思いきや
    2009-11-13 010 hamachi.JPG
イエーイ!
ハマチ君。
御坊まで来た甲斐がありました。

11時ごろ、ヘダイを追加。

そしてしばらくして、ウキの周辺でナブラが立った直後に本命が来ました。
    2009-11-13 katuo.JPG
少し小さいですが、ヒラソーダ

しかし、その頃からウネリが次第に高くなってきて、バッカンは流され、刺し餌は流され、長靴の中にまで海水が入って、ボトボトの状態に。

それでも、ヘダイをもう1匹追加できましたが、一段と波が激しくなってきて胸のあたりまで波しぶきが・・・
    2009-11-13 011 nami.JPG
もはや危険です!
やむなく昼過ぎに納竿。

    2009-11-13 018 tyouka.JPG
本日の釣果。
予想外に良く釣れました。
ウキ下は全て3,5ヒロ。
撒き餌はオキアミとアミエビのミックス。
道糸6号、ハリス2号、チヌ針1号。



    



posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(8) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

セッション 11/7

11月7日(土)
テイクファイブ

ジャズトランペッター唐口一之さんと、ベースはバイアンさんで。
今回もスタンダードナンバー中心でセッションをしました。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

ノリきれない

11月6日(金)
有田の波止
ヤエン釣り  ヌカ切り釣り

波止に到着は、朝の7時過ぎでした。
先客は2名だけです。

早速、先端付近で活アジを泳がせて、ヤエン釣りを開始しました。
1時間程しても何の音沙汰も無しです。

しかしその後やっとアタリが・・・
ゆっくり竿を煽ると、カクンカクンと竿先を叩く引きが伝わってきます。
これはエソだと思いましたが、ひょっとしたらマゴチやヒラメかもしれません。
慎重に、ゆっくりゆっくり寄せてきて・・・
・・・・エソでした。

ドラマはこれだけ。
以後、イカのアタリは全く無くアジは元気なまま。
今回もヤエンの出番は無し。

10時過ぎから第2ラウンドのヌカ切りです。
こちらも5投目から、小グレ(20センチ以下)が釣れだしましたが、今ひとつパッとしません。
潮の流れも速く、ヌカが流されてしまい、アタリも取りにくく、場所移動をしても状況は変わらず、なんとなくノリきれません。

    2009-11-06 002tyouka.JPG
3時間ほどやって、こんな感じです。
今回は全てリリース。

予知能力ではないでしょうが、良い釣りができる時は、2〜3日前からワクワク感があったり、仕事中にふと思い出して楽しくなったりするものです。

逆に、良くない時はワクワク感も何もありません。

今回は、前日でも「明日釣りに行くのかな?」みたいな感じで、気分的に全くノリきれてませんでした。

結果はヤッパリ・・・・ネ。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする