2010年06月30日

曇りのち

6月30日
有田の波止
カゴ釣り

今回は、自作したカゴ天秤の改良テストを兼ねて、サバを狙ってのカゴ釣りです。

    2010-06-30 001 fuukei.JPG
雨模様の天気予報は、今回も大ハズレ。
時々青空が顔をのぞかせる良いお天気でした。

ウキ下、4ヒロぐらいで大遠投。
さすがに餌取りは全く無く、刺し餌はそのままの状態で戻ってきます。

周りでも、これといったものは釣れている様子は無いようなので、そのまま続けていると、30分ほどして不意にウキが視界から消えました。

    2010-06-30 003 chinu 1.JPG
すんなりと上がってきたのは、30センチ弱のチヌでした。
かなり痩せていたのでリリースしました。

その後再び沈黙。


1時間程して再びウキが海中へ。

    2010-06-30 006 chinu 2.JPG
なかなかの重量感と引きで、タモ入れに手こずりましたが2匹目。
自作のカゴ天秤は、糸絡みも無くスムーズに遠投できテスト結果は合格です。

その後も続けましたが釣果は無く、今回はサバの回遊は無かったようでした。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

良かったー

6月25日(金)
有田の波止
ヌカ切り釣り

今回は、HGでグレを狙ってのヌカ切り釣行です。

その前に、午前3時半起きでサッカーW杯の観戦。
日本の勝利の余韻に浸りながら、気分良く準備を整え、自宅を出発しました。

到着は朝の7時頃でした。
波止の中央辺りの内向きに釣り座を構えて準備に取り掛かります。

本日は、今にも雨が降ってきそうな曇天、無風、海の色はやや濁りのあるブルー色、アジやオセンの小魚達が活発に泳いでいます。
こんな日は100%釣れます。
問題は、型の良いのがどれだけ釣れるかだけです。

やはり1投目から手の平弱の小グレが釣れてきました。
10投目ぐらいで、25センチぐらいのが釣れたので、ひとまずキープ。

    2010-06-25 001 fuukei.JPG
今日はこんな感じでした。
ウキ下固定の3ヒロからスタートして、グレが浮いてきて魚影が見えるようになったら2ヒロぐらいで。
今回刺し餌はオキアミ(Sサイズ)でやりました。

1時間程して、本日最長寸28センチが釣れてきました。
他の人達は30オーバーのグレを結構釣っていたので、更なるサイズアップ目指して続けましたが・・・

10時頃からはついに雨が降りだしてきました。
降ったり止んだりの天候の中、昼過ぎまでやりましたが、今回はなんとかキープサイズのグレも釣れたし、サッカーも決勝トーナメントに進めたし、十分楽しめて良かったです。

    2010-06-25 004 tyouka.JPG


posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(4) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ニイハオ ライブ

6月19(土)

2月以来、久々に和歌山市黒田の中華料理店、ニイハオさんでのライブです。
メンバーは、アルト菱田さん、ギター福島さん、ベースバイアンさん、と私でした。
お客さんは、ほぼ満席。
皆さん熱心に聴いてくださり良かったです。
次回は7月24日(土)夜9時からの予定です。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

梅雨の晴れ間

6月17日(木)
ヒラバエ
カゴ釣り

梅雨の晴れ間、うまい具合に休みが取れたので、今回もカゴ釣りです。
今回は、市販のウキを利用して自作したカゴと、4枚バネの遠投ウキのテストも兼ねての釣行です。

煙樹ヶ浜到着は、朝の7時頃。
本の脇のポイントで一人竿出ししていたのは、ブログ友達のハカマさんでした。
挨拶がてら様子を伺うと、どうも芳しくないようでした。
波の様子や、風向きを考慮して、阿尾か田杭方面へ釣り場を探しに行く途中、以前良い思いをしたヒラバエが空いていたので釣り座に決定しました。

    2010-06-17 003 hirabae.JPG
雰囲気は最高でしたが・・・

    2010-06-17 006 shikake.JPG
そして、これが今回の仕掛け。
カゴ下のオモリは5号です。
ウキを利用したカゴは、煙樹ではよく見かけますが、はたして飛びのほうはどうでしょうか。

撒き餌を詰めて、ちょっと軽めに第1投。

飛びます!
足場が岩場の為、足の踏ん張りが利きにくく、力が入りにくいですが思った以上に飛びます。

今までプラスチックカゴの中で一番良く飛ぶと思っていた、ヤマシタのMサイズより、ひょっとしたら飛ぶかも。

撒き餌の入る量もちょうど良く、カゴの中に刺し餌が入れられ、撒き餌の抜け具合は最高です。
そして何より安くつきます!
これを最初に考えた人は偉い!

ただ仕掛けがらみが多かったので、天秤あたりに研究が必要そうです。

それから、4枚バネのウキですが、こちらもスムーズにブレずに飛びました。
問題点は、カゴオモリが軽いせいか、着水直前カゴにウキが追いついてしまうのか、ウキのハネにハリスが絡んでいる事がよくありました。
(飛行中に絡んでいるのかもしれません)
それと視認性もいまひとつです。
次回に向けて、課題も残りました。

今回は、いろいろと収穫の多い釣行となりました。

魚の収穫は何もありませんが・・・

これも釣りです。





posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(6) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

セッション 6/12

6月12日(土)
テイクファイブ

アルトの菱田さん、ギター福島さん、ベース的場さん、と私(ドラム)でのセッションでした。

これは、グリーンドルフィン。
    
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

煙樹ヶ浜でカツオ

6月5日(土)
煙樹ヶ浜
カゴ釣り

本日は土曜日、天候も良いとあって、気合を入れて早朝から煙樹へ。

到着は朝の5時頃。
浜には10名程がすでに竿出ししていましたが、本の脇ポイントは両軸リールでカゴ釣りをされている人が一人だけです。

横に並んで準備をしていると、後から3名やってきて、合計5人で始めました。

フグの活性が高く、1投目から針がありません。
皆さんフグやチャリコに手を焼いているようで、誰の竿も曲がりません。

状況がましになったのは、ボチボチ帰る人が出始めた10時頃でした。

地元の方が、カツオを釣り上げました。
それならばと、今までのウキ下4,5ヒロから、2,5ヒロに変えて遠投してみるとウキが入り、カツオらしきものが掛かりましたが、これはクッションゴムのサルカンが腐食の為外れて、ハリスごと無くなっていました。

仕掛けを作り直して何投かするとまた掛かりましたが、これは波打ち際でバラシ。

次はバックラッシュです。
糸を解いて、20メートル程先に漂う仕掛けを回収してみると、魚が掛かってました。
    2010-06-05 001 mugimeshi.JPG
本日の第一号はムギメシ(リリースしました)

その後、やっと釣れました。
    2010-06-05 002 katuo.JPG
ヒラソーダ。
小さいくせに良く引きます。
ひさびさに味わうカツオの引きでした。

20分程の短いジアイでしたが、一時は入れ食いでした。

カツオの群れが去ると、また元のフグしか釣れない状況に・・・

    2010-06-05 003 tyouka.JPG
本日の釣果。
バラシが無ければ6本ぐらい釣れたんですが、まあなんとかお土産があって良かったです。







posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(6) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする