2010年09月25日

セッション 9/25

9月25日(土)
テイクファイブ

ジャズトランペッター唐口一之さんと、ベースはバイアンさん、とトリオセッションしました。

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(0) | jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

青岸のタチウオ

9月21日(火)
青岸波止
タチウオ、電気ウキ釣り

タチウオ釣りをやってみようと思い、青岸波止へ行ってきました。

到着は、夕方5時過ぎ。
白塔波止の中央付近、内側向きに荷物を置いて準備に取り掛かりました。

    2010-9-21 004 風景.JPG
こんな感じです。

準備完了するも、まだ時間が早そうなので周りの様子を見学していると、反対側のテトラから引き釣りをしていた少年たちが早くもタチウオを上げています。
そのむこうのワインドの人も。
内側のウキ釣りの人にもアタリがあったようなので、急いで餌(キビナゴ)を付けて仕掛けを投げ入れます。

ジアイなのかすぐさまウキが入って・・・・しばらく待ってあわせてみると・・・・
空振り。

その後は、ウキが入り込むと言うより、出たり入ったりの渋いアタリばっかりで、一向に釣れて来ません。
隣の人も、「タチウオが小さくてなかなか針に乗らない」と苦戦しているようです。

1時間程してトラブル発生。
仕掛けを投げようとした瞬間、バキッと音が

    2010-9-21 012 竿.JPG
古い竿を改造した自作の竿ですが、こんな所が折れるか?・・・

予備の竿を持ってきてないので、応急処置をして続けますがこれでは遠投できません。
それでも、アタリは活発にあり、ついに1匹(指2本程の小型)ゲットできました。

その後も、アタリはありますが、針に乗せる事は出来ず。
午後10時、餌が底をつき、ついに最後のキビナゴを付けて投入。

そして、力強くウキが入り、祈るような気持ちで合わせてみると、グンと重量感が。
指3本程の型でしたが、釣れて良かったー。

    2010-9-21 005 釣果.JPG
本日の塩焼き。
アタリはいっぱいあって楽しめました。
仕掛けは、市販のワイヤー1本針仕掛け。
ウキ下、1〜2ヒロ。

まだまだ修行が足りません。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(4) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

引き潮はダメかも・・・

9月20日(月)
ヌカ切り釣り

今回は、湯浅のブロック提へ行ってきました。
到着は朝の6時前。
連休で人が多いだろうと思いきや、先客はルアー釣りとエギング釣りの2名の方のみでした。

目当てのポイントに釣り座を取って、ヌカ切りを始める前にエギングから開始です。
30分ほどやってみましたがイカからの反応は無く、ヌカ切りに切り替えました。

    2010-9-20 005 fuukei.JPG
今日はやや曇り、風無し、波無し

餌取り達の活性は非常に高いようですが、今日はコッパグレが釣れてきません。
30分ほどして、竿を絞り込んで上がってきたのは、

    2010-9-20 001 chinu.JPG
今日も釣れました、チヌさん。
黒っぽくて、きれいな魚体でした、
ウキ下1ヒロ弱の浅ダナで食ってきました。
これはリリース。(バイバイ)

しばらくして、今度はグレかと思わせるような引きでしたが、釣れたのは、

    2010-9-20 003 kagokaki.JPG
カゴカキダイ。
なかなかの良型でしたが、食べた事が無いのでリリース。
後で調べてみると、お味の方もなかなかいけるとの事。
今度釣れたら食べてみよう。

今回はグレは全く釣れずに終わりましたが、天候も良く、なかなかのんびりと遊ばせてもらいました。

本日の塩焼きはこれだけ
    2010-9-20 007 cyouka.JPG
ウキ下、1〜2ヒロ。
刺し餌は、オキアミ、フナムシ。

posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(4) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

まだ暑い

9月6日(月)
有田の波止 
ヌカ切り釣り

お盆前に釣行して以来、あまりの暑さに長らく躊躇していましたが、久々にヌカ切りに行ってきました。

早朝から出発して湯浅周辺に行きましたが、台風の影響でしょうか、波が高くちょっと釣り辛そうな感じだったので、HGの有田の波止へ行き先を変更しました。

ここもウネリの影響からか、沖向きはちょっと濁りが入っていたので、内向きで始めました。
ウキ下3ヒロ、ハリスはちょっと太目の1,7号、刺し餌はサシアミでいつものように開始しました。
いつもと少し違うところは、タモをセットしていない事 (こんな時に限って・・・)

5投目ぐらいから小型のグレが掛かってきました。
20〜23センチぐらいの同じようなサイズのグレが、退屈なく掛かってきますが、キープしょうか悩ましいサイズばかりです。

途中、いつもと違う手応えで掛かってきたのがチヌさん。
さすがに、こいつはゴボー抜きは無理なので、クーラーの竿掛けに竿を掛けて、タモの準備を始めました。
するとガタンという音と共にクーラーが前のめりにひっくり返り、はずみで掛けていた竿が海中へ引き込まれてしまいました。

これはマズイ。
竿は海面に浮かんでいるものの、チヌに引っ張られてゆっくり沖に向かっています。
タモなどセットしている間がありません。
とっさに反対側で釣りをしていた顔なじみのオイヤンにタモを借りて、間一髪,竿の回収に成功!
そしてチヌの方もオイヤンに掬ってもらって無事ゲットできました。

    2010-9-6 003 hato.JPG
本日の持ち帰り。
うれしいやら恥ずかしいやら。
金屋町のオイヤン、ありがとうー!

    2010-9-6 005 tyouka.JPG
タモ網は釣る前にセットしておきましょうね。
posted by fishing-jazz at 00:00| Comment(2) | fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする